日射でオーバーヒート?

昨日と今日は新築の家の見学会を行いました。
トリプル樹脂サッシ+床下エアコン+熱交換換気システムの設備と
UA値=0.35[W/㎡K]、C値=0.5c㎡/㎡の性能を持つ2×6の家です。

敷地に余裕があり南側を6mほど空けて配置したので日射が期待できる間取りです。

きょうの天気は晴れ。床下エアコンを23℃設定で運転していたのですが、
家の中がちょっと暑い。 オーバーヒートしている様です。

その為、窓を開けて見学会を行いました。

なぜオーバーヒートしてしまうのか計算してみましょう。

南面の窓は全部で6枚。
写真でお判りのように空間的には繋がっている居間と和室、吹抜けに6枚のうちの5枚があります。
(残りの一枚は2階の洗面室にありますが、居間とは空間的に繋がっていませんので計算外)
リビングの温度が上がるのはこれらの窓からの日射です。

日射による熱量はどの位あるのか?
以下の計算式で計算してみました。

日射量[W/㎡] x 南面の窓面積[㎡] x 日射熱取得率=日射取得量[W]
600×10.58×0.4=2539.2[W]
(日射量は600 W/㎡ 、5枚分の窓面積10.58㎡、日射熱取得率は日射遮熱型の Low-E ペアガラスの 0.40で計算)

この家のUa値0.35[W/㎡K]はQ値にすると約1.3[W/㎡K]となり、
きょうの外気温10℃を室内適温22℃まで上げるのに必要な熱量は

Q 値[W/(㎡・K)] x 延床面積[㎡] x 内外温度差[K]で導かれるので、
1.3[W/㎡K]x131.46㎡x12℃=2050.8[W] となります。

日射量が2539.2[W] に対して、22℃室温に必要な熱量が2050.8[W]となり、
日射があれば暖房は必要ない事が分かります。

しかし、見学会で床下エアコンを見て戴きたいので点けなければならず、
窓を開ける事態となりました。☘️


▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家