たかが3℃、されど3℃

日本の上空に観測史上最強の寒気が入ってきたこの週末ですが、
静岡はいたって普通の冬の気温です。

今朝の気温は7℃位はあったと思うので、
ちょっと拍子抜け。 やっぱり静岡は暖かいのでしょうね。

でも、暖房は静岡でも必要なのでその話題です。

🌨     🌨     🌨

当社の高気密・高断熱住宅の特徴は
(1)第1種熱交換換気システムによる省エネで綺麗な室内空気
(2)普通の壁掛けエアコン一台で全館暖房(床下エアコン)
に代表されると思います。

その床下エアコンを装備された、3年ほど前に新築戴いたお客様からご指摘を戴きました。

 

「リビング階段の付近に座っていると少し冷たい空気が上から流れて来ているようです。」
「床下エアコンの温度を上げても解消しません。」
というご指摘です。

私の自宅にもリビング階段があり、ほぼ同じ仕様の住宅に住んでいて、
その様な寒さを感じたことはなかったので、早速調べさせて戴きました。

2階は寝室と子供部屋が2つ。 それにトイレと吹き抜け空間があります。
お子様はまだお一人で幼年なため、寝室に一緒に寝ているとの事。

その為、2階の子供部屋は使っていない状態でした。

室温を測ってみると、2階の寝室のドアが開いている状態で1階より2℃低い温度差。
使っていない二つの子供部屋は3℃の温度差がありました。

 

要約すると、床下エアコンは22℃の設定でほぼ1階はその温度ですが、
2階の寝室(いつもドアを開けている)は2℃低く、子供部屋やトイレ(ドアを閉めている)は3℃位低いのです。

温度差は少なければ少ない方が良いのですが、気密の良いサンキハウスの家でも
上下階で2℃程度の温度差は出来てしまいます。

けれども2℃の温度差で気流は発生しない事が分かっているので、
使っていない子供部屋に原因がある事が分かりました。
理由は、この3℃の温度差が気流を生み、子供部屋の空気が廊下と階段を伝わって1階に降りてくるのです。

対策としては、「使っていない部屋でもドアを開けておく」です。

ドアを開けておけば、室温が2℃程度下がるだけですむので気流が発生する事はありません。
トイレのドアはどうするのか? ですか?

トイレもドアを開けおく方がベターですが、だめですか?😉


▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

2019-2-23(土),24(日) 木のぬくもり感じる超高性能住宅見学会

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家