もっと上を目指そう

2020年の4月に予定されていた住宅の省エネ義務化は頓挫しました。

6割の住宅業者が義務化に対応できないとして、
国交省は300㎡以下の建物に対する義務化を行わない様です。

実質、住宅の省エネ義務化は亡くなりました。

当社SankiHausは3年前より全棟で省エネ計算を実施しており、
BELS★★★★★を取得していますので、これからも変わりありません。

ただ、地球温暖化対策としてこの省エネ義務化は始まるはずだったのに…、
これから日本はどうするのでしょうね。🤔

 

さて、2018年最後の投稿になります。
今年を振り返ってみましょう。

当社SankiHausは他社に先駆けて次のような機能を実現しています。

(1) 一体打ちベタ基礎
(2) 基礎断熱
(3) 基礎の許容応力度計算による設計
(4) 地中梁による立上りの省略
(5) 床下エアコンと熱交換換気のハイブリッド全館暖房

これらの機能により、家中を高価な設備を使わずに暖かくする事に成功しました。

使っているのは、
普通の壁掛けエアコンと市販の第一種熱交換換気システムだけです。

空調用の小部屋も、天井から床下への太いダクトも屋根に載せる特殊な装置も何もありません。

ですから、機械が壊れても修理や交換が安価で行えますし、そもそもそんなに壊れません。

 

「そんなに良い話があるのか?」と仰るなら
ぜひ次回の見学会に参加して確認してみましょう。

年明け1月19日()20日()に
構造見学会、床下エアコン体験会
を開催致します。 ご連絡お待ちしています。

それでは、良いお年を!☘️


▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家

投稿者プロフィール

伊豆川達也
伊豆川達也宅地建物取引士