11月なのに冷房を付けたい我が家

こんにちは、中山です。

最近寒くなってきましたが皆さま風邪などひかれてないでしょうか。

我が家はアパートの最上階で南向きに窓が2つあるためものすごく温かく、
11月上旬でも日中窓を開けていない部屋に帰ってくると暑くエアコンを付けたいくらいでした。
(私が暑がりなのもありますが…)

ここまで聞くと温かくていいね~と思われがちですが、夏は蒸し風呂状態で
ここ数年の夏は24時間エアコンをつけて生活していました。

それもこれも、天井に断熱材が少ししか入ってない(もしくは全く入ってない)からだと思われます。

太陽光→屋根からの熱は想像以上に熱く、家を温めます。

本日は、S様邸の上棟イベントでした。
S様邸は2×6の住宅でトリプルガラスの樹脂サッシ。
断熱材も2×4に比べると壁は50㎜も厚く、高断熱のお家です。

そして、2×6の住宅でしか行っていないのが
天井裏にアルミニウム付着させた遮熱シートの施工です。


上から見た写真です


下から見える白いシートが遮熱シートです

このシートのおかげで小屋裏の熱も跳ね返して少しでも熱が伝わらないようにしています。

ちょうど施工途中だったのでお施主様にもご説明させていただきました。
そんなことまでしてくれるんですね~とお言葉をいただき、喜んでくれました。
(本当はもっとアピールしなくてはいけない所なのかもしれませんが、S様邸には伝えていなかったようです…)

分厚い断熱材とこのシートのおかげで、サンキハウスの2×6の住宅では
我が家のような11月に冷房を付けたいという現象(笑)
そして夏場の蒸し風呂は状態にはなりません!!

ぜひ、2×6の高性能なお家にご興味がある方はお問い合わせください♪

 

▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家