床下を活用してクリーン&適温換気!CO2削減の技術・・・換気システム

サンキスタイルの家では、「澄家」(すみか)という換気システムを採用しています。

澄家の概要(第3種換気)

24時間換気システムです。
空気の入れ替えを人が自発的に行わなくても、自動で換気が行われます。

【 排気 】
室内の汚れた空気をファンで強制的に外へ出す。(第3種換気システムです)
省電力ファンなので電気代は、ひと月、400円程度。

【 給気 】
屋外に設置されたフィルターを通してクリーンになった空気を床下から室内に入れる。
床下を通る時に、自然に熱交換が行われて、室内には快適な温度に近い温度で入ってくる。
(冬は温められ、夏は冷やされた空気が室内に入ってくる)
排気はダクトを通して行うが、給気はダクトを使わず床下を自由に流れている。

*第3種換気については・・・【参考】24時間換気の3つの形態(24換気.COM)

澄家 図解

静岡県静岡市の工務店Sanki Haus(サンキハウス)・24時間換気システム澄家図解

澄家 熱交換の詳細・・・さらに!CO2削減できてます

澄家の優れている点は、床下を通る間に給気を快適な温度に変化させることです。
少し難しく言うと、「熱交換を行う」と言います。

基礎に使われいてるコンクリートの表面は一年を通して15度~25度程度です。ですから床下内は20度前後で安定しています。
(サンキスタイルの家の基礎は断熱処理されているので密閉されています。 くわしくは、こちら

冬は冷たい外気が給気され床下内で室温近い温度まで温められてから室内に入ります。
夏は暑い外気が冷やされてから室内に入ります。

静岡県静岡市の工務店Sanki Haus(サンキハウス)・24時間換気システム澄家図解・冬の場合

静岡県静岡市の工務店Sanki Haus(サンキハウス)・24時間換気システム澄家図解・夏の場合

サンキスタイルの家は、「高気密・高断熱で、あまり冷暖房を使わなくて良いので、CO2削減ができる」と説明してきましたが、この澄家の熱交換の機能により、外気の影響を受けずに済むので、さらに、冷暖房を使わなくてよくなるのです。

*澄家の機能が正常に動作するには、家全体が高気密であることが大前提です。気密が低いと排気する際に外気を室内に吸い込んでしまいます。

澄家をおすすめするもう一つの理由

澄家は、給気口が建物の外にあり、フィルターの交換がとても簡単です。
24時間換気システムの中には給気部分が建物の中(屋根裏など)に入ってしまっていてフィルターの交換ができないものがあります。
家は長く住むものですから、フィルターの交換が容易であるということがとても重要だと考えています。(フィルターについては住みごこちのページに写真があります)

澄家 施行中の様子

最後に実際に施行中の基礎部分の画像です

静岡県静岡市の工務店Sanki Haus(サンキハウス)・24時間換気システム澄家施工例

 

澄家ECOの概要(第1種熱交換換気)

24時間換気は冬の暖房によって温められた(夏は冷やされた)空気を屋外に排出しますが、それにより失われるエネルギーは冷暖房全体の16%にもなると言われています。

断熱・気密性能の高い家ではその割合はもっと大きく、窓や壁の断熱性能をそれ以上に上げるより、換気システムを高効率なものに替えた方が良いのです。

「澄家ECO」は従来の「澄家」を発展させたもので第1種換気システム(全熱交換)に属します。排気する汚れた空気から75%の熱と湿度だけを取り出し、床下から室内に取り入れたフレッシュな空気に渡します。

*第1種換気については…【参考】24時間換気の3つの形態(24換気.COM)

澄家ECOの図解

静岡県静岡市の工務店Sanki Haus(サンキハウス)・24時間換気システム澄家ECO図解

澄家ECO 熱交換の詳細・・・75%の熱を回収します

床下の地中熱を利用する仕組みは「澄家」と同じですが、それに熱交換素子を使った本格的な全熱交換を行います。 ※全熱交換とは温度だけでなく湿度も交換する。

静岡県静岡市の工務店Sanki Haus(サンキハウス)・24時間換気システム澄家ECO

ボックスの中に全熱交換のための素子が入っていて、排気する空気の温度と湿度を給気した外気に与えます。そして「澄家」と同じく床下に放出し、家全体にフレッシュな空気が行き渡ります。

排気側だけでなく給気側にもモーターが付くので「澄家」よりも多く電気を必要としますが、空気の抵抗が少なくなる(排気と給気が同量同時)ため若干増える程度です。

給気口は「澄家」と同じ建物の外に設置され、フィルターの交換は容易です。 また新開発されたPM2.5の除去率98%の高性能フィルターも選べるようになりました。