この窓、要る?要らない?

弊社の事務所は2階にあり、
窓のすぐ向こうに電線が走っています。

そこに数羽の鳩がよくとまっていて
パソコンから目を上げると鳩と目線が合ってしまいます🕊🕊

ちゃんと仕事をしているか見張られているようで
ちょっと落ち着かない😅

只今社屋の塗り替え工事中で
足場と養生シートで覆ってしまったので
鳩は見えなくなってしまいました。

いつも見慣れた鳩が見えないとなんだか寂しいものですね。

🏘     🏘     🏘

窓の無い家は建築できません。
建築基準法で居室には一定の自然光が入ってくるように
設計しなくてはりません。
また、家の換気にも開け閉めできる窓は大切です。
(24時間機械換気で適切に換気できれば、
窓による換気は絶対ではありません)。

もちろん、窓の意味はそれだけではありません。
大きな窓から光がたくさん入ってくるお家、憧れますね。
窓の外には緑が広がっていたらもっと良い🌳

弊社のお客様のお宅も、静岡市内でありながら
窓の外には茶畑だったり、公園の緑地だったり
恵まれた眺望が広がっている方もいらっしゃいます😄

いいな~🌳🌳

例え緑が見えなくても、吹き抜けの高いところにある窓なら空が見えます。

解放感が違いますね。

さて、敷地によってはそう、うまい具合に行かないこともあります。
左右の隣家が敷地ギリギリまで建っていて
縦には長いけれど、横はそれほど広くない…

その様な土地の場合、リビングに窓を配しても
窓の外は隣家の外壁しか見えないということもあり得ます😥

景観を楽しめない窓って必要でしょうか?というご質問がありました。

私は、それでもはあった方が良いと思います。
たとえ北向きでも、隣家が迫っていても、窓があるだけで光は入ってきます。
真っ暗な部屋にはなりません。

さらに窓があるからにはカーテンやブラインドを設えます。
カーテンなどはお部屋の雰囲気づくりにとても重要です。


パースの窓を消してしまうと、
なんだか殺風景なお部屋になってしまいました。

景観を楽しめなくても、窓があれば
窓回りで楽しむことができますね。

もしかしたら将来隣家が取り壊されて
意外と眺望開けちゃったりして?


▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家

投稿者プロフィール

伊豆川佳世子
伊豆川佳世子二級建築士・インテリアコーディネーター