熱帯夜に寝やすい温度と湿度

我が家は全館冷房をしています。

右に寝室、左に子供部屋が2つあり、背後は吹き抜けで1階につながっています。

写真の真ん中に写っているのが14畳用のエアコン。
これを常時つけっ放しです。

昼間は犬が一匹いるだけですが、エアコンは消しません。
27℃で風量自動で運転しています。

仕事から帰ると家の中はほどほどに涼しいですが、すぐに設定温度を25か26℃に変えます。
なぜかと言うと、エアコンのある部屋や1階は設定温度の27℃付近の室温ですが、
寝室や子供部屋は28℃以上になっているからです。

就寝に備えて、寝室の室温を寝やすい26~27℃にするためです。

昨夜は深夜0時頃寝ました。寝始めるころには室温は目論見どおり27℃になっていました。
しかしそのまま寝るわけではありません。

エアコンの設定温度を27.5℃あるいは28℃に設定し、風量も小に設定し直して眠ります。

なぜかと言うと、設定温度を26℃のままで寝てしまうと明け方に寒くて起きてしまったり、
起きた時、体がだるくなってしまうからです。

寝室にエアコンはないので、ドアは開けっ放しです。
ですから気流を感じることはありません。ですが明け方には設定温度と同じ室温になっています。

 

湿度も快適性に大変関係があります。
出来れば室温28℃、湿度50%くらいが一番良いのですが、我が家は概ね60%くらいで推移しています。

快適な室温と湿度の関係がお知りになりたいなら絶対湿度(水蒸気量)を意識することです。

温度 相対湿度 絶対湿度
25℃以下 60%までならOK 13.8g以下
26℃ 55% 13.4g
27℃ 52% 13.4g
28℃ 50% 13.6g
29℃ 47% 13.5g
30℃ 45% 13.7g

※ 快適な絶対湿度と相対湿度の関係

上記の表から分かるように、絶対湿度は13g/㎥くらいが快適な温度と湿度の組み合わせになりますので、
この絶対湿度に近づける用にエアコンをコントロールします。

ただし、気密の良い家でないと、エアコン冷房で温度が下がっても湿度が下がりません。
隙間から外気が侵入してきて湿度が下がらないのです。

よく眠ることができれば夏バテを起こさないと言われています。
その為には気密の良い高性能住宅が欠かせません。☘️


▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家