今注目のインテリアスタイル②

こんにちは。

インテリアコーディネーターの寺田園子です。

毎日、痛いほどの日差しかと思えば激しい雨に見舞われたり

外出の際は暑さと雨対策が必要な今日この頃ですね。

*          *          *

さて本日は

前回お話させていただいた今注目のジャパンディスタイルを実現させる

インテリアのちょっとしたコツをお伝えします♪

 

おさらいですが・・・
ジャパンディスタイルとは、和×北欧インテリアのミックススタイルで
シンプルな空間に自然素材を多用した温かみのあるテイストになります

 

今回、一番簡単に近づける方法になりますが

大きなポイントは2つ!

✔ すっきりとミニマム

 アースカラーやニュートラルカラーの配色

この2つをまずお部屋づくりで意識していただくと再現しやすくなります。

例えばこちら

画像の内容:Earthy Color Palette

シンプルな空間に

壁や床にはニュートラルな無彩色(白、黒、グレー)やアースカラーを配色して

北欧インテリアをベースに、和を感じるアートや小物をアクセントに取り入れています。

北欧×和の洗練された雰囲気を感じさせる素敵な空間に仕上がっていますね。

 

実は、もう1つ重要なポイントがあります。

お気づきの方もいらっしゃるかも、それは・・・

照明なんです!!

インテリアを仕上げる上で、照明はとても大事

ジャパンディスタイルの場合、特に象徴的なアイテムになります。

 

上の写真のようなペンダントライトの計画でしたら

スタンダードですが、やっぱり定番のイサムノグチのAKARIとか

画像の内容:イサム・ノグチが生んだ光の彫刻、AKARI

画像の内容:Japandi dining spot in Amsterdam, Netherlands

形がモダンなこちらも素敵です。

もしペンダントライトが難しかったら、テーブルランプでも大丈夫です。

キャビネットに置くだけども一気にジャパンディなインテリアに近づきますね♪

✱          ✱          ✱

いかがでしたでしょうか😊

細かくお伝えできていない所もありますが、ジャパンディスタイルがお好みの方は

ぜひ今回のコツを取り入れてみてくださいね♪


▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

8/6(土)・7(日) 『子育て家族のオンとオフを楽しむお家』完成見学会

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

一年中快適な住み心地の家と季節の便りを運ぶ庭

大好きなカフェの居心地が叶う家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家