2×4ってどんな工法?? パート1

こんにちは!スタッフの疋田です。

外はすっかり真夏の天気ですね🌻🌻🌻

ただ、まだ静岡含む東海地方は梅雨明けの発表はされてないようで

今週末の天気が気になるところです。

皆さまも夏バテにはお気を付けください🍦🍨🍉

 

 

 

…さて、サンキハウスブログをご愛読いただいてるの皆様の中には『2×4(ツーバイフォー)工法』について

十分ご存じの方も多いと思いますが、中には私のように建築について今まであまり馴染みの無かった方も

いらっしゃるのではないでしょうか???

そこで私自身も勉強を兼ねて、『2×4工法とは?』シリーズをブログで連載させていただきたいと思います!📝

 

『2×4工法』とは?

一番の特徴は、日本でよくある「在来軸組み工法」が柱を何本も立てて家を作っていくのに対して、

『2×4工法』は面のように壁と壁を合わせて家を組み立ていくことです。

この作り方のおかげで、隙間のできにくい高気密のお家を建てる事ができます。

 

私はサンキハウスに入社するまで、「家にできた隙間」がその家自体にどんな影響を

及ぼすか、考えた事もありませんでした。

日本で住んでいるとどうしてもジメジメムシムシした「湿気」に悩まされますよね。

隙間のある家にも湿気は大敵です!

長く住める家作りでは、結露やカビを発生させない構造が必要不可欠です。

 

次回は更に詳しく『2×4工法』について書きたいと思います!

 

 

▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

7/27(sat)/7/28(sun)高気密・高断熱『アースカラーのやさしいお家』完成見学会

8/3(sat)/8/4(sun)高気密・高断熱『いつでも快適、超高性能なお家』完成見学会

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家