床下の広大なスペース

北海道のニセコでパウダースノーを堪能してきました。
スキーの腕が良くなったのかと勘違いするほど雪が軽くてびっくりしました。

ゲレンデは「ここは外国?」と思うほど、欧米や東南アジア、中国人が多くて
それもまたびっくり。

ニセコはインバウンド(外国人旅行客)のお手本の様なリゾートでしたよ。

ところが、帰り空港までの道中が大変でした。
飛行機の時間が迫るわ、ホワイトアウトして5メートル先が見えないほどの状況

バスの運転手さんはさすがプロと言う技術で、20分遅れで到着し事なきを得ました。

⛄️     ⛄️     ⛄️

さて、私のお休みの間も工事は着々と進み、床下収納ある家の基礎も完成していました。

このお宅は以前の記事「地中梁と床下エアコン」で紹介した地中梁を利用して大きな空間を作っています。

床下空間の高さは約1m、立ち上がることは出来ませんが、収納としては充分使えます。

完成後はこの様な状態になるでしょう。

いかがですか。 広大なスペースでしょ。

床下エアコンがあれば常に25℃前後の温度で保温された空間です。
何を仕舞いますか?☘️


▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

2019-1-26(土),27(日) 床下エアコン体験会

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家