土地問題発生

12月だというのにやけに暖かい日が続いています。
こんなに暖かいと困るんですよね😧
雪が積もらないではないですか❄️❄️

そろそろスキーシーズンだというのに
こんなに暖かくては人工降雪機で降らせたそばから
溶けてしまっているでしょう。
スキー場も泣いてます。

まあ、寒い地方のゴルフ場はまだまだシーズンが続けられるので
喜んでいるようですが。

寒い時は寒く、
暑い時はほどほどに暑いのが良いですね。

🌲     🌲     🌲

今日のブログは私事を少し。

その昔、かれこれ40年ほど前のこと、
祖父母がとある別荘地を購入しました。

小学生だった私は楽しみにしていましたが、
その後、何年経っても別荘が建つことはなく
祖父母は亡くなり、母と叔母たちが相続しました。

先日、母や姉弟とふいにその土地の話になりました。
ただ寝かしているだけで固定資産税と別荘管理費が
年間¥50,000ほどかかっているとのこと。
40年くらい放置だから¥2,000,000は捨てたでしょう。
もったいない!

もう、別荘建てないから、売っちゃってもいいよね~
となったのですが…
今どき別荘地なんて軽井沢の中心地でもなければ売れない!

それはそうですよね。
着いたら掃除して、布団干して、食事の用意をして、
片づけて、次の日は草刈りして、また掃除して帰る!
なんて、何のための休日だか??ホテルの方がよっぽど楽。

実はこのような話は日本全国で起こっているのです。
別荘地でなくても、両親が亡くなった後の田舎の空き家
後を継ぐ人がいなくなった農地…
固定資産税と、最低限の維持管理が相続人の負担になっているそうです。

このまま放置するとどうなるのでしょう?

買った時の半額でも1/3でも、売れれば御の字です。

市町村や県に寄付しようとしても、よほど公共の益になる土地では無い限り、
基本、引き取ってもらえません。

相続税で物納しようとしても、他に資金化できる資産があればそちら優先です。
相続放棄は他の資産価値のあるものも全て放棄する場合のみ可能です。

相続時にだれも登記しないでおけば?とも考えましたが
登記しなくても固定資産税の通知は
ちゃんと本来相続するべき人宛に送られてくるのだとか。

要するに一度自分のものになってしまったら
引き取る人が現れるまで、逃れられないのです。

日頃、欲しくてもなかなか土地が買えないお話ばかりなので
まさかこんな土地問題が自分に降りかかってくるは思いませんでした😓😓

どうしようもないので問題は先送られることになりました。
またこれからウン十万、ウン百万円が~

このまま、母や叔母たちが亡くなると
私たち姉弟の他いとこたちも相続人になり、
ますます厄介なことになります。

誰かもらってください。


▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家

投稿者プロフィール

伊豆川佳世子
伊豆川佳世子二級建築士・インテリアコーディネーター