タープのフックを選んでいます

だんだん気温が上がってきて、窓を開けて過ごしたくなりました。
ふと網戸を見ると、なんと下の方が破れかかって
蚊が通れそうな穴が開いているではないですか😱

急いで養生テープで応急処置をしたら
とたんにみすぼらしくなってしまいました。

ただのテープなのにすごいマイナス威力があります。

逆に、「これを使うとあっという間に高級感アップ❣️」という
便利グッズはないものでしょうか😅

🦟     🦟     🦟

家づくりのプロセスの中で私の役割は
お客様にサンキハウスの家づくりに賛同していただき
プランニングをして
お見積りを作成してご契約🤝 までです。

ご契約後も内外装や造作の詳細はコーディネータースタッフとのお打合せが続きますが、
その時になって金額大幅アップにならないように予算を織り込んでおく必要があります。

となると、ある程度のことは詳討しておかなくてはなりません。

A様のご希望は夏は外壁からタープを張って日よけにして
デッキライフを楽しみたい、とのこと。
いいですね👍 デッキライフ、大賛成です😄

タカショーさんのHPより

で、外壁にフックを取り付けてタープを張るとなると、
どんなフックを考えれば良いのでしょうか?

自分の家のタープ用フックはホームセンターで5個¥700くらいの簡易なものを買ってきて取り付けちゃいました。
とりあえず用は足していますがさっそく錆びてます。テキトーはダメですね。

お客様の家の外壁に取り付けたフックが簡単に取れたら問題ですから
タープにかかる風圧を考えて、それなりの耐荷重のあるフックにしないといけません。

タープは斜めに張るので荷重もベクトルとかが出てきそうですが、そういうのは得意ではないので
ざっくり垂直に貼ったタープに風圧がかかった時にタープを吊っているフックにかかる荷重を考えることにします。
タープは大きめの4m×2m=8㎡としてみます。

風速と、1㎡にはったタープが受ける風圧の関係は
P(風圧 kgf/㎡)=0.06 × V(風速 m/s) × V です。

さっそく風速5m/sで計算してみます。
風速5mは空の紙コップが飛んでしまうくらいの風なので
BBQなどにはちょっと強すぎるかもしれませんが…。

結果、8㎡のタープが受ける荷重は12Kgf=12kg、タープの重さを入れても15kg位ということになりました。

5つのフックで吊るなら一つあたり3㎏の耐荷重で良いようです。
1ケ¥500くらいで売っています。

ちなみに風速10mの風になると48㎏
風速20mになると192Kgもの荷重がかかるそうです。
使った後にうっかり片付け忘れると大変なことになりそうです。

ということで、¥500×5=¥2500のお見積もりに1時間以上かけてあれこれ調べたのでした。

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

大好きなカフェの居心地が叶う家

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家30

投稿者プロフィール

伊豆川佳世子
伊豆川佳世子二級建築士・インテリアコーディネーター