こんな階段もあるのです

朝からガンガン音がするので外を覗いてみたら
お隣の家がエアコン取付工事をしていました。

工事のおじさんが3mくらいある高い梯子に上り
外の配管の作業中です。

幸い弊社との間ギリギリで建ったお家なので
弊社の壁によりかかることができ、
安心して作業ができると喜んでいました。

足場があるときにエアコンも工事できたら安全ですが
お隣は建売なのでそうはいかないですね。

安全は大切なので壁に寄りかかってくれても
全然構いませんが、一声かけて欲しいかな😅

🏡      🏡      🏡

新しいお客様からプランのご依頼をいただくと
何かしら新しい課題があるものです。

今回の課題は階段です。
階段の計画はもともと割とハードルが高いです。

そこそこのスペースを占領します。
小屋裏まで梯子ではなく階段で上りたいとなると
階段の場所だけでなく、屋根の形にも影響します。

でも今回はそういうことではなく、
8段廻り階段!

真っすぐな階段が作れないときは
階段の途中で曲がる部分が必要です。
180度方向転換をするとして、
そこが平らな踊り場なら最も安全です。

ですがそうそう階段にばかり場所を取取れないので
4段で曲がるとか、せいぜい6段で曲がるわけです。

ところがお施主様のご希望はなんと8段で曲がる計画。
ご自身でもいろいろ検討され、
8段でないとと全ての計画が狂ってしまうと…。

うーーん、これってアリなのでしょうか😥
正直、施工したことはありません。
建築基準法で許されているのですかね?

さっそく法令集を調べ、建材屋さんに相談しつつ
ネットでも検索。

あれ?既製品があるではないですか‼️

聞けば都会の土地が高いところでは
どうしても家もコンパクトになってしまうので
階段スペースも最低限にすること、多々アリだそうです。

そうなんですね~、なるほど都会ね~。
静岡も土地高いですけど、都内ほどではないですから
そこまでコンパクトな階段は考えていなかったでした。
土地柄ってありますね~😯

もちろん、安全性を考えると8段はさすがに厳しいです。
そこはお施主様にも十分説明が必要です。
広い階段が取れればベストです。
でも、どうしてもどうにもならないこともありますよね。

また一つ勉強しました。

さて、先ほどのエアコン工事、終わったようです。

え?こんなん…?

▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

NEW
8/5(土)・6(日)【岳美モデルハウス販売会】

毎月第2,第4の土日 OpenHouse開催中【築35年の住宅リノベーション】

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

高天井がもたらす開放感と木の家具や建具に漆喰壁が醸す心地よさ

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

限られた敷地でも大きなリビングを叶えた北欧スタイルの家

アンティークなカフェにいる心地よさで暮らす木の家

投稿者プロフィール

伊豆川佳世子
伊豆川佳世子インテリアコーディネーター