屋根材が見えない!

先日、YKKさんのショールームでiphoneによる
写真撮影の講習会がありました。

iphoneはなかなか高性能だそうです。
写真を撮るときにグリッドが縦横2本づつ出てきます。
曲がらないようにグリッドに気を付けていましたが、
構図にも使えるんですね。

被写体を真ん中1/3に持ってこよう、とか
下1/3に被写体を置いて上は空にしよう、とか

写真を少しでもかじった人なら
当然の知識なのかもしれませんが、
「なるほど~」と思ったのでした。

撮るときに2~3点のことを気を付けるだけで
よりメリハリのある写真になるようです。

その道のプロの話は聞くものですね😄

📷     📷     📷
久しぶりにグランシップに行ったら
あれ?何かいつもと違う?

ブランシップは東静岡駅前にある
コンベンションホールです。

屋根や外壁にスペイン製のスレート(石の板)を
貼ったのですが、落下して問題になったようです。

そんな話を聞いてからグランシップ行った時に眺めてみると、
所々スレートが抜けていたような気がします。
「あそこが落ちたのね」なんて思ったような…。

そして今日。
なんと、屋根全体が金網で覆われていました。
いつ、そんな工事していたんですかね?
全然気が付かなかった。

これでまた剥がれても落下はしなくなりましたが、
せっかくのスレートは全く見えなくなりました。
これってどうなんですかね…😣

スペイン製のスレートを選んだ理由や
設計の問題点などは解決しているようなので
今更ここでは論じません。

安全は最優先ですが、こんな風に
かなりお金かけて選んだ部材が全く見えなくなる補修って、
一般のお家なら許してもらえないだろうなぁ。

▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎月第2,第4の土日 OpenHouse開催中【築35年の住宅リノベーション】

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆
NEW
北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

高天井がもたらす開放感と木の家具や建具に漆喰壁が醸す心地よさ

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

限られた敷地でも大きなリビングを叶えた北欧スタイルの家

アンティークなカフェにいる心地よさで暮らす木の家

投稿者プロフィール

伊豆川佳世子
伊豆川佳世子インテリアコーディネーター