UA値にも慣れてきた

先週のアイシネンの記事と同様に、断熱材ネタです。

2020年の省エネ住宅の義務化からは、外皮性能(断熱性能と同じ意味です)と一次エネルギー消費量(電気などの消費量)を明示する必要があります。

「まだ3年先かぁ~」と言ってると直ぐにやって来るので、以前のQ値を使わずにUA値で表すようにしています。

最近ようやく「0.34(W/㎡K)」とか「0.54(W/㎡K)」とかが慣れてきました。
最初の「0.34(W/㎡K)」がサンキハウスの2×6住宅のUA値
次の「0.54(W/㎡K)」が2×4住宅のUA値です。

2020年の義務化時に必要となる静岡でのUA値が「0.87(W/㎡K)」なので、すでに軽々クリアなんですけどね。

弊社で主に使う断熱材は「裸」のグラスウールです。
グラスウールと聞くと安物の代名詞の様にいう方がいますけど、技術革新もされていて熱伝導率が0.032(W/mK)を達成している製品があります。

綿菓子の様に白くて繊維も細かいので、昔のグラスウールの様にチクチクしません。
まあ、アイシネンが万能と思っている業界人もいますが、グラスウールが上手に施工出来るかどうかが腕の見せ所、ノウハウが必要な世界です。

この新しいグラスウール断熱材は「アクリアウールα」と言います。
これを使うと当社の2×6住宅のUA値が0.34(W/㎡K)→ 0.33(W/㎡K)になります。

たかが0.01ポイント、されど0.01ポイント
この積み重ねが重要、「塵も積もれば山となる」です。


▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲
毎月第2,第4の土日 OpenHouse開催中【築35年の住宅リノベーション】

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆
NEW
北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

高天井がもたらす開放感と木の家具や建具に漆喰壁が醸す心地よさ

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家
NEW
スタイル+耐震+省エネの大変身リノベーション

リノベーションで生まれ変わった築22年の家