違いがあったトリプルガラス

私たちサンキハウスは住宅の性能を
重視しています。

性能に関係してくる断熱材や窓は
いろいろ吟味して選んでいるつもりですが
すべてをわかっているかというと…?

とりあえず高いスペック選んでおけば
間違いないよね? なんていうところもあります😛

しょっちゅう見ている窓のカタログの中にも
トリプルガラスが二種類あります。

YKK APW330のトリプルガラスと
APW430のトリプルガラス。

APW430のほうが高性能と謳っています。
トリプルガラスを採用するようなハイスペックの
2×6の家ならAPW430で良さそうです。

すると、APW330のトリプルガラスって
何のためにあるの?ということになります。

今回、品川にあるYKKの体験ショールームに行き、
違いがよーく勉強してきました📖🖊

トリプルガラスは3枚のガラスが合わさっています。
一枚目と二枚目、二枚目と三枚目の間に
隙間があります。

APW330のトリプルガラスはガラスとガラスの間が
真空とアルゴンガスの充てんです。
真空の隙間が熱も音も伝えにくくなっています。

APW430のトリプルガラスは両方クリプトンガスです。
ガラスだけでいうと、真空層のあるAPW330のほうが
性能は高いのです。

でも、ガラスの周りの枠はAPW430のほうが分厚く
断熱性が高いので、窓としてトータルで考えると
APW430のほうが高性能と言えるのです。

2×6仕様の家でAPW430は正しい選択でした。

ではAPW330のトリプルガラスというと?

家じゅうをすべてトリプルガラスにすると
それなりに住宅価格も上がってしまいます。

そこで、APW330のトリプルガラスです。
APW330のトリプルガラスはペアガラスと
同じ枠を使っています。

真空層により、3枚でも薄いため
ペアガラスと同じ枠に収まるのです。

デザインが同じなら一部だけトリプルにしても、
ちぐはぐな感じにはなりません。

同じ部屋でも強い西日のあたる窓はトリプル、
南側はペアと使い分けができるのです。

防音性も高いので、ピアノを弾く部屋だけ
トリプルということもできますね。

カタログにも書いてあるのかもしれませんが
説明を聞き、実際の性能値を比べ、
違いを体験してみると、よくわかります。

業界のプロ用のショールームですが
一般のお客様も私たち建築業者と一緒でしたら
体験することができます。

性能オタクの方、一緒に品川に行きませんか😄


ショールーム入口に窓、サッシのパーツ展示。
小さなネジも国内で生産していて、
品質へのこだわりを感じました。

▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎月第2,第4の土日 OpenHouse開催中【築35年の住宅リノベーション】

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆
NEW
北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

高天井がもたらす開放感と木の家具や建具に漆喰壁が醸す心地よさ

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

限られた敷地でも大きなリビングを叶えた北欧スタイルの家

アンティークなカフェにいる心地よさで暮らす木の家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

投稿者プロフィール

伊豆川佳世子
伊豆川佳世子インテリアコーディネーター