職人さんの仕事ぶり

こんばんは。
皆様はもう、ゴールデンウイークに突入でしょうか。

サンキハウスは明日の祝日はお休みですが、土日は通常営業なので
ゴールデンウイーク気分は水曜日までお預けです。

連休はうれしいですが、普段の平日休みに慣れてしまうと、
ゴールデンウイークの混雑にはうんざりしてしまいます。

久しぶりに庭の花木の手入れでもして
過ごすことになりそうです🌼🌼

🏚     🏚      🏚
家を建てるとなると、たくさんの種類の業者さんや
職人さんにご協力いただくわけですが、
なかなか全ての皆さんとお話できるわけではありません。

コーディネーターとして現場に行くときは
大工さんとの打ち合わせだったり
出来上がりが想定どおりかの確認なので
出会う職人さんも限られています。

ですが昨日は監督が別用でどうしても現場に行かれないため、
珍しく外壁工事に立ち会うことになりました。
漆喰の塗り具合を確認してほしいとのことです。

現場で初めて、外壁の職人さんの仕事ぶりを見ました。

なんとも狭い作業スペースです😲 50センチくらいでしょうか。
土地が高い静岡市内、なかなか家の周りに広く土地を残すことが難しく
足場を境界ギリギリに建ててもこのくらいの空間しかありません。

その上、道具も大きいです。
少しづつ動きながら塗っていきますが、動くたびに
道具や職人さんの足や肘がせっかく塗った漆喰にあったって
剥げてしまわないか、ヒヤヒヤします。

が、スレスレで当らないんですね。
さすが馴れたものです。

高さも上の方だと5~6mになり、歩くだけで足場は揺れます。
そんなところで、自分を支えつつ、道具を持ちつつ作業です。
当然ですが、ただ塗れば良いわけではなく、
きれいに仕上げてもらわなくてはなりません。

結構厳しい条件の中で、仕事をお願いしているんだと
しみじみ痛感いたしました。

しばらく見ていましたが、私がそこにいるだけでも
作業の邪魔になりそうなので、あとはお任せして退散しました。

1~2日間で下地のグレーのお家は真っ白になります😄
M様邸の外壁は、ひときわ白く眩しく感じられるでしょう✨✨

▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎月第2,第4の土日 OpenHouse開催中【築35年の住宅リノベーション】

毎週日曜日『中古住宅+リノベーション相談会』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

高天井がもたらす開放感と木の家具や建具に漆喰壁が醸す心地よさ

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

限られた敷地でも大きなリビングを叶えた北欧スタイルの家

アンティークなカフェにいる心地よさで暮らす木の家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

投稿者プロフィール

伊豆川佳世子
伊豆川佳世子インテリアコーディネーター