フローリングの背伸び

2~3日前に犬と散歩していたら
鶯の鳴き声がしました🐥

でも、この鶯は
「ホーホーホケケキョ」
と鳴いていました。

ちょっと音、多くない?

鶯も学習してきれいな
「ホーホケキョ」になるそうです。

「ホーホーホケケキョ」君は
変なお手本で習ってしまったのか?
まだ練習中なのか?

いずれにしても、春ですね~🌸

🌱     🌱     🌱

現在建築中のM様邸では床板を貼り始めたそうです。
無垢の床材の場合は巾9センチ程の板を
順番に並べていきます。

板と板の間に白いテープのようなものがあります。
これは、板と板の間に等間隔で隙間が空くように
プラスチックの板を挟んでいるのです。

無垢の板は「生きている」ように
湿気や乾燥で幅が広がったり縮んだりします。

我が家はそろそろ築10年目ですが、
今でも夏と冬では板の隙間間隔が違います。

工事が夏なら、床材は湿度で広がっているはずなので
すこし狭めに貼っていきます。

冬は逆に乾燥して縮んでいるので
気持ち広めにしないと、夏になった時
板と板がぶつかってしまいます。

この辺は大工さんの腕の見せ所ですね😄

でも、いつもセオリーどおりにならないのが
無垢材の不思議です。

春に工事をしていたO様邸、
隙間を空けて貼っていたのに、
初夏のお引渡しの頃
養生をシートーを剥がしてみると
板と板がぶつかって、なんと微妙に盛り上がっている!

監督も営業担当も真っ青、
隙間が狭かった?!😥

とりあえずは様子見をお願いしまして…
夏の盛りになって、点検に伺うと
板の隙間は戻っていました。
???

ギュウっと梱包されてきた床材は
梱包が解かれて貼られたときは
せいせい背伸びをして、ぶつかったのでしょうか?

落ち着いてきて良かった、良かった。

なかなか一筋縄ではいかない
天然の素材とのお付き合いです😅😅

▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎月第2,第4の土日 OpenHouse開催中【築35年の住宅リノベーション】

毎週日曜日 『70年代不動産リノベ塾』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

高天井がもたらす開放感と木の家具や建具に漆喰壁が醸す心地よさ

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

限られた敷地でも大きなリビングを叶えた北欧スタイルの家

アンティークなカフェにいる心地よさで暮らす木の家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

投稿者プロフィール

伊豆川佳世子
伊豆川佳世子インテリアコーディネーター