リノベーションでの玄関ポーチはこれ!

こんにちは中山です😄
今日は70年代不動産入江モデル🏠で
お客様のご来場を待っていたのですが
その間に卒園式の帰りらしき親子をチラホラ見ました😊

今年は少し遅めの桜の開花の様で、
入学式には咲いてるといいですね~🌸

🌸    🌸    🌸

さて、昨日はカヨコさんがポーチタイルについて
記事を書いていましたが✏️

70年代不動産リノベーションでは玄関ポーチは
デザインコンクリートのオーバーレイというのが標準です💡

そもそもデザインコンクリートは以前ブログでも書きましたが
コンクリートにスタンプ、造形、塗装することで
岩や石、木などに見せる事ができる技術で
日本ではミューズメントパークで多用されています✨

その中でもオーバーレイは
既存のコンクリートやタイルの上に薄くコンクリートを塗り付け、
その上からお好きな柄のスタンプを施工していくので
リノベーションにはピッタリなんです👌🏻

入江モデルの玄関はというと・・・
もともとはこんな感じのタイルでした

それがリノベーション後は・・・
こんな感じの石目模様に変身です✨

いっきに明るくオシャレになった感じがしませんか?

このスタンプは石目だけではなく木目や岩目、猫の足跡なんてのもあります。
また、コンクリートの色も自由自在なので
タイルでは表現しきれない表情も生み出せます✌🏻

まさにリノベーションでの玄関ポーチはこれ!です💗

▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

毎月第2,第4の土日 OpenHouse開催中【築35年の住宅リノベーション】

毎週日曜日 『70年代不動産リノベ塾』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

高天井がもたらす開放感と木の家具や建具に漆喰壁が醸す心地よさ

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

限られた敷地でも大きなリビングを叶えた北欧スタイルの家

アンティークなカフェにいる心地よさで暮らす木の家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家