敷地を目いっぱい使いましょう

先日美容院に言ったら美容師さんが
黒いマスクをしていました。

活生炭とかそういうのではなく、
ただのファッションだそうですが
たまたまグレーの帽子とスカーフとマスクが
一体化して見えて、忍者かと思った😅

周りでもマスクの人、増えてきましたね。
でも、花粉症の人は全体の1/3だそうです。

へえ~、そんなものどちらかとういうと
1/3が花粉症では無い人、のイメージでした。
伊達マスクの人も多いのかな?

最近は犬も花粉症になるっと聞きました。
犬は… マスクしないだろうなぁ。

🐶     🐶     🐶

お施主様のお家をプランをする前には
その土地に建つお家の条件を調べたり、
お役所に各種申請をすることがあります。

一気に難しい条件が重なることはあまりありませんが
毎回、何かしら新しく調べることがあります。

今日の新しい課題は
敷地の境界ギリギリで家は建つのでしょうか?

隣のお宅とは最低50㎝空けましょう、ですが
道路との境界線はどうなんですかね?

工事中、足場も道路にはみ出ますね。
数カ月間もはみ出していてOKでしょうか?

水路や川との境界の場合はどうでしょう?
足場の脚は川の中 ♪♪♪?

市役所、消防署、足場屋さん以問い合わせた結果、
敷地ギリギリ、大丈夫です👌
(軒や樋は、はみ出さないように。)

足場は許可を取れば歩道でも車道でも建てられます。
工事期間中、延長していけば大丈夫。

そして、深さにもよりますが
足場やさんは水路の中にも足場を立ててくれます。

今回の課題は割と簡単でした。
考えてみれば、そんな風に建っているお店とか家、
ありますね。


京都・木屋町のバー【ママ・トルティ】さんのページより

まだまだ勉強が足りません📐📚

▲▼▲▼▲ イベントのお知らせ ▲▼▲▼▲

3/18(sat)・19(sun)『家族みんなのこだわりが詰まったまっしろな家』完成見学会

毎月第2,第4の土日 OpenHouse開催中【築35年の住宅リノベーション】

毎週日曜日 『70年代不動産リノベ塾』開催中

☆ ★ ☆  サンキハウスの施工事例  ☆ ★ ☆

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

高天井がもたらす開放感と木の家具や建具に漆喰壁が醸す心地よさ

北欧のサマーハウスのような白いカバードポーチのある家

限られた敷地でも大きなリビングを叶えた北欧スタイルの家

アンティークなカフェにいる心地よさで暮らす木の家

マリメッコのファブリックや北欧家具の映える北欧スタイルの家

投稿者プロフィール

伊豆川佳世子
伊豆川佳世子インテリアコーディネーター